陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

全力肯定

ふと思い立って、元カレのラインを開いてみたら、ちょうど最後の連絡をしてから1か月後にラインアルバムがすべて削除されていた。 何もそこまで全力否定しなくてもいいじゃんっ。 そして、全力否定されるとめっちゃ自己否定に走りそうになって、 思わず、地…

もうすぐ誕生日だし、運勢も変わる時期なので、1年を振り返ってみる

今年の1年は、 誰にも助けてもらえず そのかわりに誰にもトラップをはめられない 年まわりのはず。(私の運勢からすると) のはずだったんだけど! トラップにハマっては抜け出しを繰り返しでした泣) それもあと数週間で終わり(旧暦での運勢)、 新しい年が始ま…

この巷がカップルだらけの日にまさかの相続放棄からの問題発覚

親の親子関係ゴタゴタを 子供の私たちが引き受けるか引き受けないかで 姉と迷走しそうな感じ 火の粉がかかってこないうちは、放置 とうことで、意見が一致した 遺産放棄してるんだから 縁を切っているのだから 遺産が欲しい人が 持ってってくれりゃいいのに …

イヤなオンナ episodes2

「しっかり教えてもらえれば、しっかりできます」 は? はー????? と、漫画みたいに目を見開いてしまいました。 1秒あとにようやく頭が動き出し、 しっかりやってから言え! とも思いましたが、 その考え方は1ミリも無かったので、 あぁそのレベルの人…

イヤなオンナ episodes 1

何を隠そう、 イヤなオンナとは、ワタシのことだ 昨日久しぶりに友達のマッサージを受けた 自称多弁整体師(らしい) ほんとーにイヤなオンナねー。 って散々言われw なんだかほんとにイヤなオンナだなってことがいくつも出てきた。 あまりにしっくりきすぎて…

田舎に行けば行くほど

田舎に行けば行くほど その所の人の人生が 本当に短く儚く感じる イコール ワタシの人生も短く儚いのだ 40年生きて 必死になって生きて 大袈裟ではなく 本当に毎日何かに追われるように生きてきたけど 実は 何も変わらない毎日が ただ繰り返しされている 朝…

なんの因果か、、、

今更なんの因果か、 元彼が勤めている会社(取引先)に3日間仕事。 元彼は海外転勤になったので、 今から行く場所にはいないけど 付き合ってたころ、 その場所に転勤になった後 土日には帰ってきてくれた。 住んでいる場所から5時間。 その道のりを今から辿る…

騙している「つもり」はない人に、騙される件

よくよく考えた結果。 騙している「つもり」はない人に、騙されている。 いや、騙しているつもりはないんだから、騙されていないとも言える。 結果、痛い目に合うのはワタシだw そういう運命なのかもしれない。 けど、 まだ受け入れられないワタシの人間性。…

伝えられたら、どんなに良いだろう

11/22 夜、9:03訃報が入る。 ばあちゃんが昨日亡くなったとの母からの連絡。 享年93歳。 正確には、血のつながりのあるばあちゃんではなく、父と母の友達で、小さいころからよく遊びに来ていた人で、私は小さいころから、すごくかわいがってもらった。 大人…

ココロサツバツチュウ

たいていの人間が お金に忖度し 権力に忖度し 自分の利益に忖度する なんかそんな事実をめちゃくちゃ見せつけられてきたこの10年 長期の休み(と言っても5日だけど)をとってぶらっと旅行 とりあえず金沢に そのあと仙台に向かって 帰ってきた 出社してみせら…

ちょっと罪悪感を感じてたけど!

3週間前の私。 この2年余りのあまりにも我慢できないお豆さんの行動。 そして、周りを考えない(言われたことだけする)仕事のやり方にアホみたいイライラ。 で、人に相談。 「彼女はずるいんだよね。」 の一言。 説明されて、たとえわからないことがあっても…

3月のライオン

月島に住んでいる友達の家に遊びに行ったら、うちの近所なんだよね。コレ。といって見せられた「3月のライオン」。 大人2人。 TVの前に座り、並んで見る。 アニメなんて見るんだ。 そう聞いたら、 主人公が暗くていろんなものを抱えているものは、見るんだ…

結局見ちゃったよ「君の名は。」

なんかやばいなって思ったから、 なんとなく なんとなく観ていなかった 「君の名は。」 今日TVでやってたらから 見ちゃったわ。 メッセージ性が強すぎて。 受け取るメッセージが多すぎて、 気をぬくと 泥沼のように精神がやられます。 「ただただ綺麗な物…

大切にしていたレンアイだった。

大切にしていたレンアイだった。 って、言葉にしたら、初めて涙が出てきた。 そうなんだよなー。 前に付き合ってた人よりも、 その関係を大切にしてた。 やり方は間違っていたけど、 大切にしていたんだなぁって思った瞬間に、 不覚にもブワッと涙が出てきた…

自分の好きなことをやり、好きなところに行き、好きなものだけにする

仕事があるからスーツはないと。 通勤にはやっぱりパンプス 次は春だから、白のスニーカーかなとかね。 好きなものより、 必要なもの。 これは、小さな時から親に刷り込まれたDNA いや、親を非難しているわけではないですが。 良いなって思うものは、 直感的…

結局フラれた40歳女子になりました

家を出て、なんでこんな心がグルグルなのに!当たり前のように会社に行かなけれならないんだー! って、 思いながら、 駅に向かいました。 途中、春のちょっと冷たくい風のなかのあたたかい日差し。 すごい綺麗な世界だなー って、 心から、思いました。 電…

このブログを始めた理由

このブログを始めた理由は、 心の中で溜め込んだ言葉や想いを 外に吐き出す、というのがこのブログの始めたきっかけ。 だから誰に向けて発信するでもないので、なんていうか、他人を気にせず発信する場所として利用させてもらっている。 もしかしたら、 不快…

まいったなぁ。。。

ここの所、精神安定剤だった彼氏に、 「好きかどうか分からくなった」 何かおかしいなぁって感じてたけど、 まさかの別れ話? 一緒に居ても楽しめなくなったし 好きかどうかも分からない。 今は、時間をもらえないかな。 と言われた。 前付き合ってたヒトと…

悪を好まんには 謹んで遠ざかれ 近づくべからず

相変わらず、の、会社で、相変わらずの仕事内容。 私はいい加減な感じで今日もyoutubeを聞きながらPCに向かう。 先日こんなことがあった。 「 データが来ました。何かすることがあれば、指示をください。」 というメッセージに愕然。 やること、わかってるよ…

大人になれないオトナ

いい加減、喧嘩早いのはやめようと思うのに、『真っ当な意見』っぽく、文句を言ってくるやつの真っ黒い思考回路にぶちギレてしまって頭を冷やしてみる。 相手を変える必要も無いし、変えるべきでも無いし、ただただ、大人になってまで、あの人はこんななのか…

おまめさん 3

ちまたにいるおまめさんが嫌いだ。 にっこり笑って、無害なフリしているおまめさんが嫌いだ。 嫌いだってめっちゃ思うから、意識しているんだろうと思う。 無害なフリして、近寄ってくる。 一番、有害だったりする。 会社にいるおまめさんに、プロジェクトの…

39歳、何もないまま仕事を辞めるのは無謀か?

なにもかもが幻滅し、 挙句にパソコンを電車に置き忘れるという失態。 無事3時間後に見つかったが。 多分これは、もう無理なんだと思う。 意識が、仕事を拒否し始めてる。 この会社で10年だった。 もう、やめてはいけない期間は過ぎた。 10年経ったら、 見え…

お豆さん その2

仕事を頼まなきゃよかったと激しく後悔。 懲りないなワタシ。 「いい加減にしてくれ」 と心に中で叫び、 頭を冷やそうと、 事務所を出る。 単純な話だ。 イベントで集めた書類が入るボックスを100円ショップで買ってきてほしい。 乱雑な会場で、無くさないよ…

おまめさん

だからその原因は何? 思わずいいそうになって言葉を噤む。 優しくしなきゃと思いつつ、 言葉が強くなってしまう。 「何故か、出来無いんですよね」 平然と言う。 せめて原因を調べてから言いに来てくれ。 更に言いそうになったが、この仕事が終わったら終わ…

ふとしたこと

おなか減りピークも過ぎて、仕事がひと段落するまで続ける。 気づいたときには14時になっていて、遅めに出てた人たちがぞろぞろと帰ってくる。 入れ違いにお昼に出た。 外に出ると、風が冷たくて気持ちがいい。 お弁当を買って外で食べている人がいて、私も…

ココロがブレる。

アホかと思うんだけどね。 ムカつき過ぎて、ココロがブレる。 最大限にパフォーマンスを出した仕事は社長の意向により手放した。 後任は、 社長の機嫌を損ねない程度に仕事をし、 びっくりするくらい 適当なアレンジで、 何も考えてないレベルの仕事っぷり。…

意識の差

あぁーぁ。 もう意識が違う人たちと話すと 理解することもできない上に 理解する努力さえしない。 挙句に、 どうして欲しいわけ?とか、 私が理解しないと何もほかのチームに打診できないし、何も変わらないよ? とか、そんなこと言われた日には、 まじで自…

無であれ。

ゴタゴタに翻弄されたこの数週間。 もれなく会社での仕事もゴタゴタ。 もう嫌だ。 10年前からお世話になっている人生の先輩に、弱音を吐いた。 色々話していて行き着いたところは、 「無になる」 イヤ、 「無であれ」 だった。 なんらかのチカラで、 無で…

予感はしてたんだけどね。

今日の朝、 そのまま実家に行くつもりで支度をし、家を出た。 昨日、実家に電話をした。 「もうご飯を食べなくなったよ。」 昼寝にね。 あなたが寝てた部屋に向かおうとして途中でへたってたから、動かすのもアレだし、放っておいたら、気づいたらあなたの布…

どうしようもなく寂しい。

先週の金曜からマルッと3日間実家に帰り、(余命わずか)と言われた犬と過ごした。 今日の月曜からの仕事は、実家から直接仕事場に向かう。 家を出る間の30分ほど、犬のそばにひっつく。 チョット離れたら、のそっと起き上がろうとして尻尾を振る。 どうやら、…