読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

久しぶりに会社に行く

ゴールデンウイークと出張を合わせたら、2週間ほど会社に行っていないことに気付いた。

その間、メール一本だけ打ったけど。

まー、机が無くなってるっていう可能性もあるなぁなんてふと思ったら、なんだかそう考えたら、ワクワクしてきた。

何しようかな。

アイツ追っかけて海外行こうかな。
それには、先ず失業の手続きして。
家も片付けしてバックパック一個で行っちまうか。

なんて。

ニヤリとしてしまった。



半窓際族のワタシは、
会社行って何しよーとか。
やりたいこと、やってる毎日。

特に仕事も与えられる環境じゃないしね。

ただ、やりたいことやってるから、批判とか批評とかされると、
「だったら、やって欲しいこと指示しろよ。」
「平気で、「ノーアイディアですから」なんていうくらいなら、黙って見て責任だけ取れや。」
と言いたくなってしまう。

指示やアドバイスする能力もアイディアもない人間が、上についているっていうこの状態が嫌だ。

と、言ったら、


「あなたもさ。知識が足りないと思って、勉強とかしてるんだろうけど、ココロの中じゃ、知識がなくても、経験が足りなくても、もっと上に上がりたい、しっかり評価されたい。って思ってるんだね。」


そう言われた。

一瞬、思考回路停止。


心理ついているような気がした。

なるほどって思った。

評価されたい気持ちは確かにある。

評価ナシ。
感謝ナシ。

ロボットのような扱い。

なんだなと思う。


だから、先日コンサルタントの人にほめられたとき、子供のように嬉しかったんだ。
泣きたいくらい。


そのままでいいじゃんって。

相手に評価されなくても、
ワタシがワタシを頑張ってる。
すげーよ。

って、

思ってるだけでいいじゃん。


うん。


イヤになっちゃったら、


飛行機チケット取って飛んじゃえ。