読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

スーツヨレヨレ、バックはボロボロ

何を隠そう、

同級生のハナシである。


とある展示会で、
久しぶりに会った。

仕事関連で、
何か出来そうかもってな感じだったので
営業から連絡を入れ、
会社に来てもらった。


会った瞬間。


え?


スーツ、
ヨレヨレっていうか、
汚れてるよね?


あれ?


バック、
壊れてない?

しかも、
イスの上に置いてるし。


つか、
奥さんいるよね?



なんでケアしないの?



って、

???

疑問だらけになった。

正直、

びびった。


多分、
普通に道を歩いてたら、、、


ごめん。。。


商談が終わって、
帰るの?
って聞いたら、

今から勉強会で
とある大使館に行くんだ。

服装は、
全く気にしてない感じ。


帰りに、
お昼でも
お茶でも

っていうところだけど。


そんな
社交辞令も言えなかった。




営業のヒトが一言。


同い年には見えない。。。
ヨレヨレのおじさんだな。



はい。
ワタシも同感です。



なんだか、

紹介したワタシが
営業に申し訳ない気持ちでいっぱいで

そんな気持ちになる
私自身にも
罪悪感をがあり

居た堪れなくなった。



唯一の救いは、

午後から、
営業のヒトが有給で、
顔を見なくて済んだコトだった。