読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

ヒトを責める人は、責められないという法則

陰湿というか、
相手を木っ端微塵に叩く人とか、

そいう面々と
ここ数年戦って来た。



自分でも、
良く耐えてきたなって思う。

すげーなって思う。


会社では、
泣くもんかって
絶対、泣いてやるもんかって思ってたから、

バスに乗った瞬間に
気が緩んで、不覚にも、
涙が止まらなくなってしまい、
友達に電話して、話を聞いてもらったりなんてことなん、ザラ。


だから、
最近、
そう言う人たちはモチロンのこと、
まわりの人も許せなくなってる。


良くないな〜って思う。

分かってるよ。
自分でも。


でもさー。


客が何を求めてるか分からない上に、
上手くいかないからって、
怒り口調で
こっちに質問。

はっきり言って質問の意図が分からないから、逆質問すると
「そうだと思います」
「お客に聞かないと分かりません」
もー、ありえないでしょ。


ってのが、

続いて、

ワタシのココロの中

トゲでいっぱい。



さらに、
ルールとして決まっていた顧客からの問い合わせ共有をしてない人が多く、
ほとんどの人が出張に出てしまった日にだいぶ困った。


というか、
ワタシが入力し忘れた時、
アンタそーとーせめたよね?

っていう人もしていない。

結構頭きたけど、
とりあえず、直近の案件で入力してない人に、
「途中でワタシ引き継いだから入力しておきますね〜。今後、メールで問い合わせあったものも、入力宜しくデス〜」
プラス、
「本当なら代理店さんが、web使ってくれれば良いんだけどね」
まで言ったのだけど、

その同じチームの同僚は相当ムカついた?ドカンと来た?みたいで、その同僚は自分の上司が入力してない案件を探し出し、上司をつつく。

実はワタクシ、
その上司から、過去に、
散々、陰湿にネチネチやられてきた。


話を聞いてると、
のらりくらり、
かわしてる。


僕は悪くないテイで話を持って行こうとしている。


なんだかワタクシ、呆れるというより、
人間性のカケラもないんだなと実感し、
気づいたことが1つ。


他人に対して。ネチネチ、陰湿なことをする人は、自分に、甘い。


合点が行く。


他人に対して、
ネチネチ、
叩きのめすまでやっとけば、
相手に罪悪感を持たせとけば、
文句は言われない。


そういう構図。


納得は出来たけど。



はっきり言って 


人間性ノカケラモナイ。



デモ、そんな人も家に帰れば奧さんがいて子供がいて普通の人なのだろう。
 

だから、きっときっと、
良い人な部分もあるに違いない。



ただ、ワタシ自身が、

許せないだけなのである。