読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

先日行った客先で

入った瞬間に、、、
何故か、非友好的。

既存客で、営業スタッフもなんどもお邪魔しているトコなのに。。。



なんて思いながら、作業完了。


何か困ったことあります?


聞いてみた。



保守料金が高い。
会社内で高いといわれていて、他のに切り替えざる得なくなる。


ほぉ。
ナルホド。


よくよく聞いてると、
ちょい無駄な保守機能も有りそう。


そうですよね。
10年20年使い続けて行くといい料金になりますよね。

そうしたら、ちょっとムダな機能が入っているので、最初は料金かかってしまいますが、今後を考えたプランを営業と相談してご提案します。


ということで、終了。


タクシー来るまで部屋待たせてもらう。


しばらくしたら、
また担当者がやってきて。

他のモノでも流用できるか?

という話になり、
こちらからしたら、新規購入の可能性のある、とても良い話の流れになった。


早速営業にメール連絡。


返答なし。


次の日にあって、相談させてくれと言っても素っ気ない。


はーいー?

なんか、ワタシまずいこと言いましたー?



取り敢えず営業に時間を取ってもらえ、
客先での内容を説明。


そしたら、一言。

あそこ、前から保守料高いって言われてたんだよな。。。




あぁ、
そういうことか。

ワタシは、どうやったら目の前のヒトの役に立てるかっていう視点で話をし、


恐らく、前々から散々高いと言われてただろう営業は、多分スルーしていたんだろう。


多分、そこの違いをお客は感じ取り、だから、改善したい事柄を、素直にワタシはいえたんだろう。



ワタシは営業は苦手で、
とてもじゃないけど、
無理だって思ってたけど。


成る程。


何かが腑に落ち始めてきたような
気がする。


f:id:nonori22:20160721100341j:image