読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

人間としてのレベル

ヒトリゴト

さて、本日のトラップ。

 

珍しくちょびっと難しい問い合わせが殺到。

弱ったなぁと、隣の人に聞いてみたら、その人も正確には解決策がわからない。

 

まー仕方がないと参考文献を漁る。

 

しばらくして、隣の人が話しかけて来たので、

「今○○の資料見て、調べてるんですけど、分からないですね。」

 

と言ったところ、

鼻で笑って「そんな事、それに書いてあるわけないですよ〜」の一言。

 

「では、どれを見たら分かると思います?」

聞いたら黙る。

 

解決策持ってないなら、嫌味言うなよって、イラっとしたけど、

ウン。同じレベルで話したらダメだと、

「ここで悩んでいても、解決策出て来ませんよね。○○会社の人に相談して見ますね。」

 

 

ちーん。

終了ー。

 

 

次のトラップ。

「ゴンさん、○○知ってる?」

って、珍しく聞いてくる。

 

「知らないけどなんだっけ?」

 

って聞いたら、ワタシの業務外のシステム。

「えっ?使った事ないの?」あり得なくね?

みたいな感じ。

 

くそーこの男(単なる同僚)感じ悪いなー👎

 

と思いつつ、

「だってさー。ワタシ○○の業務してないもん。」と言いつつ、概要を聞く。

 

 

「へーそんな事できるんだー。へーすごいねー」

 

っと言って、自席に戻る。

 

てかさ。

 

お前らさ。

 

どんだけ人間力、低いんだよ!!!

 

 

って、心の中で思いつつ。

 

 

先日友人に言われた言葉を思い出す。

 

 

「相手と同じレベルで話すな。」

 

そんなレベルでしか話せない同僚ばかりなら、残念ながら、会社のレベルがそのレベルなんだよ。

 

 

全くその通りなのである。

 

 

もし、新社長がそう言う人達を立てるような人だったら、もう本当にワタシの考え方は、この会社ではダメなんだろうと思う。

 

 

 

ワタシ自身、乗り越えなきゃいけないレベルがあって、これが第一弾の壁になりそうである。

 

 

ーーーー

一昨日、展示会で同僚の営業スタッフに、業界のコンサルがスタッフ探しているけど紹介しようか?今後の為に。

 

って言われたけど、紹介して貰えばよかった。

 

週明けに、その営業と外回りなので、ちょい話しをしてみようと思う。