読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

トラブル続出

昨日から問い合わせを受けているお客様で、トラブル続出。

 

 

トラブルになると、いろんな人がいろんなことを言う。

有難や、有難や。

と思うことにして!?

ひとつづつ潰していく。

 

結論、

 

結局、誰一人解決策を提示できず。

更に、的を外したアドバイス。

 

こうしたらどう?

あーしたらどう?

 

いろんなことを言う。

 

 

一個一個調べて時間のロス。

 

客が困るから、

とりあえず代替えのモノを提供して、

再度調査。

 

リモートできないの?

っていってきたヤツが、リモートの仕方がわからない。

なんてのはザラ。

 

 

とりあえず、リモートの設定を知ってるといった人に聞いたら、余計なことをしてくださる。

 

もう無理。

 

ワタシ、もー無理。

 

限界。

 

とりあえず、

「もー知らんがな!」

と、財布と携帯もって事務所を飛び出す。

 

タリーズでヨーグルトアサイーで落ち着かせる。

 

よくよく考えてみる。

 

 

なんだこの関係性は。

 

一つのコトを片付けるだけなのに、

なぜにワイワイガヤガヤ。

いや、

上から目線で言われなければいけないのか。

 

ワタシが必要としているには、

客の対応をチェックする人間じゃなくて、

伝えていない内容を指摘する人間ではなくて、

 

ただ一緒に問題に取り組んでくれるスタッフが、必要なのだ。

 

なぜ、誰一人いないのだ。

 

皆、私よりも10歳以上も上にスタッフ、なのにも関わらず。

 

 

 

あと30分くらいタリーズにいよう。

 

 

こんなちっちゃい世界で

 

 

なんだか、虚しくなってきた。

 

f:id:nonori22:20161026161533j:image