読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

離れて正解ですね

よく相談に乗ってもらっている先輩に、

今回のクライアントのことを少々相談。

 

 

 

で、今回の件をまとめてみる。

 

・納期は厳しい。

・クライアントからデータ(文書・写真)上がってこず。

・電話で話したい旨伝えても、無視。

・その割には、自分の要求だけはメッセンジャーで伝えてくる。

・データをプッシュしたら、自分の秘書と話してくれと連絡あり

・挙句にあなたの負担だろうから、こちらで作成するといわれた。

 

 

以上のことを伝えたら、一言。

 

 

「離れて正解ですね。」

 

 

あぁ、そうか。

離れるっていう“選択“もあったのか。

 

 

私は、一度引き受けたものは、できる見通しが立てられるものに関しては、できる限りやるという意識で今までいた。

 

もちろん、本当に出来ないものも確かにある。途中で難しくなるものある。

その場合は、理由をはっきり伝えて、断る。

 

 

今回の件は、

 

私からしたら、

プライオリティが期限で非常にタイトなら、なるべくそれに沿って行う必要がある。

もし、沿えないようなら、スケジュールを変更したり、お互いが調整すべきである。

 

クライアントからしたら、

今は、思った以上にデータが集まってきてない。→だから連絡できない。→提出できないの当然でしょ?→結果、放置。

 

 

私からすれば

どうしようもなく、「残念なクライアント」なのだ。

 

けど、

 

クライアント側からすれば、

どうしようもなく、「使い勝手が悪い」業者なのだ。