読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

分かり合えない人とわかり合おうとする努力をやめてみる

田舎に帰る日の件で、何故か姉とケンカ。

 

ワタシは、束縛されたくないから、

帰る日が確定してから母に連絡するつもりだったのだが、

姉はそれが気に入らなかったらしい。

 

母が、あなたの帰るためにどんなに準備してるのか分かってるの?

 

てか、母と私の関係の中では、

『大変なことはしない』という関係性の中でだ。

 

横槍が入ったものだから、

非常に心地悪い。

 

挙句に、

5日に甥っ子たちのために豪華なゴハン作るんだから、あなたがその日に帰って来れば、

母は二度手間にならなくていいでしょ?

どうせあなたが帰ってきたら豪華ゴハンを作るんだから。

いい加減大人なんだからそんなことも分からないの?

 

の言葉に、

さすがのワタシもブチ切れというか、

マジで悲しくなりました。

 

デモ、

ここでケンカ越しになっても仕方がないので、

 

・考え方は、違う生活リズムできて長いんだから、違ってきて当然なこと。

 

・それを、あんたは間違ってる、あんたの考え方はどーかと思うと、一方的に押し付けたれても、不快でしかないということ。

 

・ 母がワタシが帰ってくる日を知りたかったら直接連絡してくる点

 

・母と私の関係性では、無理をしない点

 

・そもそもワタシはそれほど食べないから、いつもそんなに無理しなくて伝えている点

 

とメッセージを入れたら、

 

『ひつこい

読みません。』

 

 

と連絡あり。

 

ナルホド。

 

悲しいかな

わかり合おうとしても、

無理であるということを悟りました。

 

つい先日も、

ライター仲間で集まった時に、

どーしても言葉を選んでも伝えることができない人がいて、理解されないことにイラっとしながらも、これはきっと私も伝え方が悪いんだと、笑ってごめんうまく伝えられないって。

 

折れました。

 

 

きっと、私は自分が折れるということを

自分を曲げずに折れるということを

知らないといけない時期なのかもしれないと。

 

田舎に帰る電車の中で悟りました。

 

 

生きるって、ツライわ。

 

f:id:nonori22:20170506151515j:image