読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

ちっちゃなキズ。

ちょうど半年前、仕事でおっきなミスをやらかした。

 
コレが全責任がワタシにあるかって言ったら、YESデモNOでもない。
幾人のヒトが関わり、悪いことが何層にも重なった結果。
 
引き金が、ワタシだった。
 
責められることもなかったけど
ただ一言。
 
イロイロ、聞いている。
 
そう言われた。
 
当時を振り返ると、全ての責任を負わされるのは、真っ平だった。
そうなった原因は、もっと根深いものだと感じていた。
弁明もしなかったけど、聞かれたことだけ答えて、ワタシの事実はこういうことです。他の人とハナシが違っていて、彼らがワタシが悪いと言っているのであれば、そうなんだと思います。
 
そう伝えた。
 
しばらくして、担当から外されたが、残念なコトに、仕事(実際の作業)はそのまま、ただただ、口だけされるようになった。
 
もう、いい加減にしてくれと思い、
この仕事、ワタシがやらなくてもいいです。
そう伝えたら、
仕事投げ出すのかと、激怒された。
きっと、最後まで誰もやりたがらないんだろう。
 
そんなことを繰り返してたからか、半年経っても燻ってる。

 
今日の朝、当時のその失敗したプロジェクトの責任者が退職すると連絡がきた。
 
有難うを伝えたくて、メールした。
返信メールに、あの頃は上手くいかなかったけど、あなたの能力はしってるから心配しないで。
 
と連絡が来た。
 
心のキズが、また疼いた。
 
きっと、同僚に言ったら、
良かったじゃん。
一言で終わるだろう。
 
確かに、アイツアホだぜって思われてなかったって分かっただけでも、良かったのかも知れない。
 
残念ながら、ワタシの能力なんて、たかが知れてる。
 
ただただ、つながりが持てなかったコトにココロに痛い。