読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

嫌なことを思い出す無駄

嫌なことを思い出しても無駄。
その時間が無駄。
相手のことを考えてるってことだから、
無駄。

いつも言っているお店のお姉さんに
ひょんな話から、そんなことを言われた。

思い出して、考えてしまう時って、
捨てるの難しくないですか?

そう聞いたら、

うん。
訓練だね。


できるようになるから。



ふと考えた。

あまりに頭にきて
トイレのドアを殴って、
それでも収まりきれず、
外の空気を吸いに行こうとして、
これだと外行ってもマズイと、
エレベーターのドアに頭を打ち付けて、
ようやく冷静になったときがあった。


でも、

なんでそんなに怒っていたのか、

今では、サッパリ分からない。


恐らく相当な嫌がらせをされたんだろうけど。



まぁ、

嫌なことってそんなもんだ。


取り敢えず、

直面した嫌なことは、

両手に持った箱の中に詰めて、

後方に


ぽいっ


っと投げてしまおう。



そんなイメージ。