読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

俯瞰してみるということ。

昨日、展示会であって話をした大手メーカの方から、指名で連絡あり。

ちょっと、御社の製品について教えてほしい。

 

質問内容について回答し、やはり実際の製品を見てもらいたいので、担当スタッフからご案内させていただきますと電話を切った。

 

さー誰に回すべきか。

大手メーカなので、いろんなつながりがあるため、どういう経緯をたどるべきなのかがわからない。

結局、営業に確認したところ、一人の営業がすでにハンドリングしている案件で、「その件についてはすでに話をしている。今後、新規案件はすべて営業に回せ」と、ちょっぴりお怒りメールが。

 

それは大変失礼いたしました。

カスタマーサポートがやる内容ではありませんでした。

 

と、ごめんなさいメールを送ってみる。

 

 

みんなそれが当たり前だろうなってきっと感じてるだろう。

 

ちょいまてちょいまて。

 

たしかに、サポート的には行き過ぎてました。はい。済みません。

 

けどね。

 

営業がハンドリングして名刺交換もしている案件で、何故、お客が営業でない私に連絡してきているか、そのイミ、分かってる?

 

っていうのが本音。

 

上から目線かな。。。

 

 

おもわず、そのことについて追及しそうになったけど。

 

俯瞰してみてみる。

 

 

ワタシが、それを分かっていればいい。

 

ワタシが、同じことしなければいい。

 

ワタシも、誰かに助けてもらうことがあるだろうから、その時は有難うって言おう。

 

 

 そう思い直した。