読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽の当たる場所に

gonと申します。面白いことはありません。単なる忘備録。ただ、もしかしたら、こんな人間いるんだなーくらいに面白がってくれる人もいるかもしれません。

ヒエラルキー

ああそうか

 

会社でも、プライベートでも、グループに属すると、必ず

ヒエラルキーが存在する。

 

女子にとっては、見た目かもしれない。付き合っている彼氏や旦那かもしれない。

男子にとっては、地位とか、存在価値とか、目に見えないものかもしれない。

 

一生懸命、矢印を自分に向けて上に上に頑張っている人は、微笑ましく応援したくなる。

 

けど、矢印を他人に向けている人を見ると、マジでぶっ潰したくなる。

一遍、自分ひとりになって、考えてこいや。それから、勝負しろって、言いたくなる。

 

まぁ、言えませんが・・・。

 

 

でも、そもそもヒエラルキーって、必要なのかな?

 

 

ヒエラルキーがない、人と人のつながりって、できないかな。

人を応援する。足りないところを補って、補ってもらう。

それで、一緒に生きていくって。

 

そういうことって、できないかな。

 

会社でも、できなくないよね。

ただ、利益を生まなければいけないから、それなりに重圧もかかる。

先輩や上司に怒られたり注意されたりするかもしれない。

後輩は部下に、怒ったり注意したりするかもしれない。

 

でも、それは、立場が違うだけだよね。

 

難しいかな。

 

なんかね。

そういう風な環境で、生きていきたいなーって、

 

ふと思った。

 

 f:id:nonori22:20161107100321j:image